車の売却額を高くする要因として限定モデルの車もあります。車はしばしば希少価値の高い限定モデルが世に出ます。多いのは、会社設立何周年という区切りや車種が発売して何周年とか、記念として限定車がリリースされたりすることが多いようです。そしてこの限定モデルの車は、わりと人気が高いのです。特に日本人の場合は限定という言葉に弱いみたいです。限定品だというだけで特別なものだと思う人も多く存在します。そのため車見積もりをお願いする際も、中古車が限定品だったら限定である事を強く推すのがいいでしょう。カーナビやヘッドライト、車高調整キット、スピードメーター、サイレンサー、ドライブシャフトやサイドスポイラー等の部品等が予想に反して評価されるような事例もありますのでこのような点を印象付けるのは愛車を有利に手放す大切な点です。中古車を乗り換える際も基本的には、自動車買取業者であればプロなのでこちらから言わずともわかってくれるでしょうけどもしも普通の車と同じ扱いにされてしまったらかなり損をすることになるでしょう。また覚えておいてほしいのが、高い見積もりを出してくれたらさっさと結論付けることが望ましいです。というのも、愛車の自動車の相場価格は日々動いているのです。さらにたまたまその時だけ売ろうとしている車がキャンペーン対象車種になっていたけどある時期を逃したら査定額が1割以上ダウンすることもよくあります。その瞬間の需給バランス次第で査定額は変わってくるのが常識です。どんなに人気のある車種の場合でも長いこと人気のままでいるのはほぼ不可能です。車の市場は数が少ない事が大事なので、そこそこの人気のある車種の場合でも、そこらじゅうに多く流通していれば良い査定金額になるはずがありません。高い査定結果の時に売ってしまうことも大事です。